Loading...

      

Seitosha Publishing

2018年7月のエントリー 一覧

副題:ストレッチからAKA-博田法へ

9784862280992.jpg

著者:片田重彦
ISBN:978-4-86228-099-2 C0047
定価1200円+税 184ページ
ジャンル[健康・医療]
発売日:2018年8月10日


紹介
くり返す腰痛も劇的に消えた!
年間3000人を治療する名医が明かす、腰痛の本当の原因と治療法

椎間板ヘルニアによる腰痛は全体の0.1%にすぎない。
腰痛の9割は、骨盤内の「仙腸関節」の動きの障害で起こる。
手術でも治らない腰痛の本当の原因は仙腸関節にあった!


体操やストレッチでは根本的には治らない腰痛。AKA-博田法の手技治療ならば最短5分で治せて、痛みもない。
何度も再発する腰痛や座骨神経痛といわれた下肢の痛みも、仙腸関節を治せば治る。
「oriental magic!」といわれ、海外でも評価の高まりつつあるAKA-博田法を、専門医自らがやさしく紹介。

 

〈治療体験者の声〉

「昨年先生の治療を受けて、それまで2年以上も痛みと戦っておりましたが、二度ほどお伺いしただけで痛みから解放され、こんなうれしいことはございません」(76歳・女性)
「先生に診ていただいて約12日目を迎えています。脚の痛みは、骨の芯まで鋭い刺すような痛みがなくなりました」(74歳・女性)
「1回目で腰の調子がよくなり、2回目で完全に治してくださいました。ありがたくて本当に夢のようでした」(17歳・男性)

 

目次
1.運動・体操・ストレッチはどこまで効くか
2.AKA-博⽥法とはどんな治療法か
3.これまでの腰痛治療の有効性
4.路頭に迷う腰痛患者たち
5.ついにAKA-博⽥法の臨床研究が英⽂論⽂で公開
6.関節が腰痛を起こすというパラダイムシフト
7.仙腸関節に異常を起こすのは脳の疲労
8.ほんとうの腰痛の予防法
9.AKA-博⽥法の実際 
 

著者プロフィール

片田重彦  (かただ・しげひこ)  (著)

医療法人かただ整形外科院長、福島県立医科大学客員講師、日本AKA医学会理事長、医学博士。年間3000人の腰痛患者を治療する名医として知られる。

1946年生まれ

1972年、慶応義塾大学医学部卒業

1977年、藤田学園保健衛生大学整形外科講師

1981年、スイスチューリッヒ大学整形外科留学

1986年、国立小児病院整形外科医長

1993年、かただ整形外科を小田原市に開業

共著『整形外科プライマリケアハンドブック』

『図説エンダー法』『小児の骨折』編著『仙腸関節機能障害』(以上、南江堂)

著書『たった5分間で9割の腰痛がよくなる本』(講談社)
 

 

<<ご購入>>

購入ページへ(版元ドットコム)

Amazonで購入

青灯社へ申し込む

 


はじめに
 
AKA-博田法という治療法は、正式には関節運動学的アプローチといいます。関節の様々な病気を治す画期的な治療法です。この治療法でなぜ腰痛を治せるかというと、腰痛がじつは仙腸関節という関節の病気だからです。
このAKA-博田法による腰痛治療を受けた人々からいろいろなお便りをいただいています。AKA-博田法とはどういうものか、についてわかりやすくなるとおもいますので、  数点紹介しましょう(個人情報的な部分は割愛してあります)。
 
「昨年は先生の治療を受けて、それまで2年以上も痛みと戦っておりましたが、二度ほどお伺いしただけで痛みから解放され、こんなうれしいことはございません。現在、腰痛の痛みは全くなく、自転車に乗って買い物など行い、ほぼ平常を取り戻しております。先生にお会いできましたことに感謝している日々でございます。……」
76歳の女性からのお手紙でした。
 
「……去る○月○日に腰を治していただいてから、右脚のいやーなしびれは一度もおこらなくなりました。自分の腰がまるで新しくなりましたような心地よさでございます。ありがとうございます。たった一回でうそのように楽になりまして、おどろいております。まもなく東京にもどりまして家族の食事作りに台所にたつことになりますが“これで大丈夫”と感謝いたしております……」
84歳の女性からでした。
 
「先生に診ていただいて約12日目を迎えています。脚の痛みは、骨の芯まで鋭い刺すような痛みがなくなりました。長く歩いたあとはちょっと鈍痛がしますが、いままでのひどい痛みがなくなるとは、こういうことかとうれしくて、なにをするにも積極的に動けるようになりました。ときどき鈍痛がまだ戻ってきますが、もう10日もすれば完全になおるかなと心待ちにしています。こころから感謝のきもちでいっぱいです。……」
74歳の在米の女性からです。
 
「あれからすでに三週間経ちました。一度の治療で効果が現れるとは期待しておりませんでしたが、先週より少し体調に変化がみられましたので、改善された次の3点についてご報告いたします。
1.落ち葉のシーズンが到来し、先週から落ち葉掻きに懸命です。昨年までは集めた落ち葉を取り上げて袋に詰める作業にひと苦労でしたが、今年は腰を曲げても苦痛をほとんど感じることなく、落ち葉掻きができてよろこんでおります。
2.夕食の支度は、立っていることが辛く、つくり終えてから椅子に座るとほっとする毎日でした。そしてカイロの先生から紹介されたジェルを塗布しないといられなかったものでした。しかし最近はジェルをほとんど塗布しなくなりました。
3.先週、偶然発見したことですが、家の階段の昇降に、必ず使っていた手すりを使わなくても、膝に不安を感じることなく降りられるようになりました。……」
在米の75歳の女性の方からです。
 
「僕は陸上部でハードルをやって腰を痛めてしまい、5ヶ月間練習も満足にできず大会や記録会にも参加することができませんでした。引退前の市内陸上大会だけにはどうしても参加したくて先生の治療を受けました。1回目で腰の調子がよくなり、2回目で完全になおしてくださいました。ありがたくて本当に夢のようでした。腰の痛みが全くなくなり、しかも5ヶ月のブランクがあったにも関わらずハードリングも前よりよくなって、奇跡が起きたみたいでした。大会ですが、予選を通過して決勝で3位になることができました。その結果に僕もまわりの人たちもびっくりしていました。最後によい結果をださせてくださって本当にありがとうございました。」
17歳の在日アメリカ人男性で、入賞した賞状を両手で誇らしくかかえた写真が同封されていました。
 
AKA-博田法の開発者の博田節夫先生は大阪大学の整形外科出身でそれまで腰痛は背骨の病気だと信じられていたことに疑問をもち、関節の病気ではないかと考えたのです。それは腰痛になると体の動きが急に制限されるからです。しかも痛みが軽くなってもこの体の動きの制限は続くからです。そこで関節の病気であるなら仙腸関節に違いないとひらめいたと言います。
博田先生はアメリカ留学で学んだ関節の新しい動かし方(関節運動学)を応用し、それまで動かないとされてきた骨盤の仙腸関節を動かす治療の開発に8年がかりで成功し、関節運動学的アプローチ(AKA-博田法)として公開しました。このAKA-博田法が、いままでの腰痛治療で効果のなかった多くの人々に奇跡と福音をもたらしたのです。
 
21世紀に入り欧米では腰痛に対する考え方がそれまでとガラッと変わりました。その考えは私たちAKA-博田法を行っている医師の考えにいくらか近づいてきました。しかしまだ我が国の古い医師たちは20世紀の腰痛学の負の遺産を精算できていません。
いまや腰痛は医師には治せないということが知れ渡り、我が国には路頭に迷った患者たちがあふれています。
なぜ医師が腰痛を治せないのでしょうか。現在、医師は腰痛の原因を棚上げにして原因不明とし、本当の原因を追求することなく、治療法は理学療法士(運動、ストレッチ、体操など)に丸投げの状態です。ほんとに手術が必要な患者はわたしどもの統計では0.1%以下です。つまり腰痛を治療する専門家であるべき整形外科では1000人に一人の腰痛は治せるけれど、手術しても治りそうもない999人に対しては治す意思も能力もないのです。
骨盤の仙腸関節を手技により治療するAKA-博田法がなぜ評判をよび、腰痛患者が殺到し、私のところでは予約を半年以上も待ちつづけて、“治った!”と言って涙を流して帰る人が絶えないのか、その秘密を書きたいと思います。
なお最近、“疲労学”の急速な進歩により、疲労は脳で起こるということがわかり、その脳疲労がきっかけで仙腸関節に腰痛が起こるということも科学的にわかってきました。このことについてAKA-博田法の創始者の博田節夫先生は、AKA-博田法を公開した当時から腰痛が疲労で起こるということを述べておられました。この考えが最近の脳疲労の研究で裏づけされるようになりました。この腰痛の原因の新しい考え方を後半に書いてみます。
すべての医学は原因が解明されれば治療も予防も可能になるのです。現在、整形外科では腰痛の原因はわからない、と学会で公然と述べていて、それを解明しようとする動きもありません。従って治療も予防もできるはずがありません。こんな状況には私も整形外科医の一人としてお恥ずかしいかぎりです。
腰痛の原因は仙腸関節の働きに不都合が起きたことによるもので、それを起こすのは脳の自律神経の疲労であるのです。
いままでの腰痛の本とは全く内容が異なりますが、AKA-博田法を毎年約3000名に行っている私のすべての治療経験から腰痛について自信をもって読者にお伝えできると思います。
 

副題:国家の闇へ
 

20170426.jpg

著者:山岡淳一郎

ISBN:978-4-86228-093-0 C0036

定価1600円+税 240ページ

発売日:2017年4月26日

 

紹介

日本を震撼させた、名門企業・東芝の転落劇。
その元凶、原発を拒めない国家の闇に迫る。

・原子力産業と核戦略の「日米一体化」という名目の対米従属
・推進派が固める「原子力ペンタゴン(五角形)」体制の盤石さ
・原発は核物質の宝庫。それを狙うテロリストに、無防備な日本
・戦後の政治家たちに潜在的に受け継がれてきた核武装の誘惑
・フクシマ発の脱原発、自然エネルギーによる自立の道が見えてきた!

気鋭のジャーナリストが、経済人・官僚・政治家・福島を取材して明かす、
原発の闇と地元の脱原発への光!
渾身のノンフィクション

 

目次

I 東芝崩壊──原発産業「日米一体化」の罠
II 原子力ペンタゴン──政・官・財・学・報の岩盤
III テロリストが原発を攻撃する日──プルトニウムの呪縛
IV 核武装の野心──孤立する日本
終章 地元の再興──民意は燃えている

 

著者プロフィール

山岡 淳一郎  (ヤマオカ ジュンイチロウ)

1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。東京富士大学客員教授
著書『長生きしても報われない社会―在宅医療・介護の真実』『原発と権力』『インフラの呪縛』(ちくま新書)
『気骨―経営者土光敏夫の闘い』『国民皆保険が危ない』(平凡社)
『後藤新平―日本の羅針盤となった男』『田中角栄の資源戦争』(草思社文庫)
『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)ほか

 

まえがき

科学技術が発達すると、私たちは自分自身の能力も高まったかのように錯覚してしまう。むしろ現代人個々の判断力や、将来を見すえた「生きる力」は、昔の人に比べて衰えているのではないだろうか。平穏な生活がいつまでも続くと信じ、崖っぷちに追い込まれていても気づかない。危機を察知する能力は衰えたようだ。私も、あなたも……。

原子力発電の危険さは東京電力福島第一原発事故によって世界中に知れ渡り、歴史に刻まれた。事故後も原発の巨大なリスク(予想どおりにいかない可能性)は高まりこそすれ、下がってはいない。太平洋の底のプレート境界の沈み込み帯、南海トラフではいずれ巨大地震が起きる。過去には東海、東南海、南海の3地震が連動して発生している。政府の中央防災会議は、南海トラフ巨大地震が勃発すれば、「東日本大震災を超える甚大な人的・物的被害が発生し、我が国全体の国民生活・経済生活に極めて深刻な影響が生じる、まさに国難とも言える巨大災害になる」と明示している。

巨大地震の発生で、静岡県御前崎市の浜岡原発や、愛媛県伊方町の伊方原発、鹿児島県薩摩川内市の川内原発などがどれほどの激震と津波を受けるのか、正確に見極めるのは難しい。30年以内に南海トラフでマグニチュード8~9クラスの地震が発生する確率は70%とされる。今朝オギャーと生まれた赤ん坊が働き盛りを迎える前に国難が襲いかかる確率は高い。陸地には無数の活断層が走っており、そのズレによる地震も頻発している。

政府は原子力規制委員会が安全と認めた原発は再稼働させる方針だが、原理的に死の恐怖を拭えない人間に安全の閾値(しき いち)はない。これで大丈夫とは言い切れない。だから世界中で原発の安全対策費が膨張し、その負担配分をめぐって電力会社や原子炉メーカー、建設会社が訴訟合戦をくり広げる。工事が遅れてさらに工費が増える。悪循環を断ち切るには、原発建設から撤退するしかない。実際に原発に見切りをつけた重工産業は成長軌道にのっている。

原発のリスクが計り知れないのは、万一、過酷事故が起きると、人間が制御できなくなるからだ。石油や天然ガスのエネルギープラントを運営する専門家は、「最悪の事故に備えて施設を設計するのが大原則。しかし原発は事故が起きたら放射能で人間が近寄れなくなるのを承知で建てている。根本的な発想が間違っている」と口をそろえて言う。

近年は、原子力施設を狙った「核テロ」の危険も高まっている。2016年3月にベルギーで起きたテロの最初のターゲットは原子力施設だった。テロリストは事前に核施設に勤める技術者の動向を監視カメラで撮影し、原発襲撃をくわだてていたという。核テロには、原発や関連施設への攻撃の他にプルトニウムなどの核物質、放射性物質の窃盗も含まれる。冷戦構造が崩壊し、旧ソ連邦が解体される過程で現実に核物質の盗難が起きている。

このような状況で、日本は核燃料サイクルの再処理で約48トン、核兵器6000発分の在庫プルトニウムを溜めこんだ。米国はじめ世界各国から疑念のまなざしを向けられている。日本は、核武装に踏みだすのではないか、と……。

原発に伴うリスクは、防災と人命、経済、自治、外交、安全保障と多方面に広がり、日本の針路に立ちふさがる。このリスクを取り除くには原発推進路線から脱するほかなく、政治のよりどころの民意は明瞭だ。過半の日本国民が原発からの脱却を望んでおり、新たな選択は決して難しくないのである。

朝日新聞が2016年10月に実施した電話による全国調査では、原発の運転再開について「反対」が57%、「賛成」は29%。TBSの15年3月調査によると、「反対」57%、「賛成」35%。毎日新聞の16年3月の世論調査でも、原発再稼働への「反対」が53%、「賛成」30%。メディアが違っても「反対」が過半数を占める。概ね国民の5~6割が再稼働に反対し、約3割が賛成。1割が「わからない」というバランスだ。

政治の「勝負勘」に長けた小泉純一郎元首相は、17年3月2日、郡山市の講演で「日本人はピンチをチャンスに変える民族性がある。自然エネルギーの導入を進め、危険な原発を即刻ゼロとし、発達できる国をつくっていくべきだ」と語った。震災後、脱原発に転じた小泉元首相は「(在任中)専門家や電力会社の言うことを信じていた。引退し勉強して、うそと分かった」「選挙の最大の争点は原発だ」と言い続ける。16年10月19日の共同通信のインタビューでは、東日本大震災の支援活動に参加した元米兵の被曝問題を、こう語った。

「『トモダチ作戦』に参加した元兵士が病気だと聞き、今年五月に十人と米カリフォルニア州サンディエゴで会った。元兵士は原子力空母を東北沖に停泊させて活動していた。一、二年たち鼻血が止まらず内臓に腫瘍ができた。空母は海水を真水に変えてシャワーや料理に使う。外部と内部の両方の被ばくだ。妊娠していた女性は障害児を産み、(その子は)しばらくして亡くなった。みんな日常生活が送れずに除隊せざるを得なくなり(医療保険がないため)高額の医療費を取られている」

小泉元首相は基金を立ち上げ、元米兵たちを支援している。

巨大なリスクをはらむ原発を閉じ、方向転換を望む声は巷に溢れる。原発立地自治体では、老朽原発の「廃炉」が現実的課題に変わってきた。刻々と時は流れる。産業界は本来の立ち位置に戻り、社会に貢献すればいい。以前、東京電力の元幹部に、もしも国が原発をやめたいと言ってきたらどうかと問うと、彼は個人的意見とことわって「そりゃ解放される。断然、動きやすくなる」と即答した。にもかかわらず、日本政府は原発を拒めない。

なぜ日本では民意が通らず、半世紀以上前に定められた原発国策が墨守されるのか。廃炉による電力会社の財務悪化は強調されるのに分散型エネルギー革命は過小評価されるのか。

本書では、原発を拒めない国家の闇に現代史的観点から光を当て、その構造を明かしたい。東芝を崩壊させた「原発ビジネスの罠」を入口にして、原発を推進させる政官財学報=「原子力ペンタゴン」の成り立ち、「核テロリズム」の系譜、保守政界の奥に継がれる「核武装の野心」へと書き進めていく。国策にすがりつく原発立地自治体の再興については、長いあとがきで触れよう。立地自治体が自立すれば状況は劇的に変わるだろう。

核兵器開発の副産物として生まれた原発は、権力者に軍事と経済、ふたつの力をもたらしてきた。だが、人間が制御できない技術は暴走し、権力の基盤を深く、静かに蝕んでいく。旧世代の原発産業は音を立てて崩れている。この先に何が待ち受けているのか、想像をめぐらせながら、いまを読み解いていこう。

2018年 8月中旬 新刊
『治らない腰痛を治す』
ストレッチからAKA-博田法へ
片田重彦 著 
◇腰痛の9割は、骨盤内の「仙腸関節」の動きの障害で起こる。
◆腰痛体操、ストレッチでは根本的には治らない。
  AKA-博田法の手技治療ならば最短5分で治せて、痛みもない。
◆椎間板ヘルニアによる腰痛は0.1%。手術でも治らない腰痛の原因は仙腸関節!
◇海外でも評価の高まりつつあるAKA-博田法を、専門医自らがやさしく紹介。
 
青灯社 新刊案内
(取引取次)日販・トーハン・大阪屋栗田・
      八木書店・JRC・新日本図書
 

9784862280992.jpg

2018年 8月中旬 新刊
『治らない腰痛を治す』
ストレッチからAKA-博田法へ
片田重彦 著 
くり返す腰痛も劇的に消えた!
年間3000人を治療する名医が明かす、腰痛の本当の原因と治療法
 
◇腰痛の9割は、骨盤内の「仙腸関節」の動きの障害で起こる。
◆腰痛体操、ストレッチでは根本的には治らない。
  AKA-博田法の手技治療ならば最短5分で治せて、痛みもない。
◆椎間板ヘルニアによる腰痛は0.1%。手術でも治らない腰痛の原因は仙腸関節!
◇海外でも評価の高まりつつあるAKA-博田法を、専門医自らがやさしく紹介。
 
 
 
≪目次≫
1.運動・体操・ストレッチはどこまで効くか
2.AKA-博⽥法とはどんな治療法か
3.これまでの腰痛治療の有効性
4.路頭に迷う腰痛患者たち
5.ついにAKA-博⽥法の臨床研究が英⽂論⽂で公開
6.関節が腰痛を起こすというパラダイムシフト
7.仙腸関節に異常を起こすのは脳の疲労
8.ほんとうの腰痛の予防法
9.AKA-博⽥法の実際
 
定価:1200円+税
四六版・並製
 148ページ
 
片田重彦(かただ・しげひこ)
医療法人かただ整形外科院長、福島県立医科大学客員講師、日本AKA医学会理事長、医学博士。
1946年生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。藤田学園保健衛生大学整形外科講師。スイスチューリッヒ大学整形外科留学。
かただ整形外科を小田原市に開業。著書『たった5分間で9割の腰痛がよくなる本』(講談社)など
 
書店様チラシ『治らない腰痛を治す』ダウンロード:chirashi201808.pdf