がん光免疫療法の登場──手術や抗がん剤、放射線ではない画期的治療

9784862280954s.png

著者  永山悦子
協力  小林久隆

  • 2017年 8月25日発売
  • 四六判、並製 180ページ
  • 定価 1,200円+税
  • ジャンル[家庭医学]
  • ISBNコード 978-4-86228-095-4 C0047

がん治療の一大革命として、世界が注目!


オバマ前大統領が年頭教書演説で紹介。
米国で日本人研究者・小林久隆さんが開発する画期的ながん治療法とは

・がん細胞に薬剤が結びつき、近赤外線を当てて治療する「光免疫療法」
・がんを守る細胞を攻撃することで、全身の転移がんも消える
・副作用はほとんどなし。入院不要、治療費も安価。2~3年で実現可能の見通し
・楽天・三木谷会長設立のジョイントベンチャーを中心に日本での治験を推進

「がんの8~9割は直せるようになると思います。
 がんはもう怖くない、といえるようにしたい」(小林さん)


 

著者について

[著者]永山悦子(ながやま・えつこ)

1968年東京都生まれ。
1991年慶應義塾大法学部法律学科卒、毎日新聞社入社。
2002~2016年科学環境部。その間、がん、生活習慣病、再生医療、生命倫理などを主に担当。
2016年4月から1年間、医療福祉部副部長。がん対策基本法成立10年を検証する長期連載を担当する。
2017年4月より編集編成局編集委員。
2013~2015年厚生労働省がん対策推進協議会委員を務めた。
共著に『がんに負けない』(毎日新聞社)、『「理系」という生き方 理系白書2』
『迫るアジア どうする日本の研究者 理系白書3』(いずれも講談社文庫)など。


[協力]小林久隆(こばやし・ひさたか)

1961年兵庫県西宮市生まれ。
1987年京都大医学部卒。
放射線科医として国立京都病院(現・京都医療センター)で放射線の診断と治療、内視鏡、病理などの臨床を経験する。
1995年京都大大学院を修了。医学博士。米国立衛生研究所(NIH)臨床センターフェロー。
2001年NIH・米国立がん研究所(NCI)シニアフェロー。
2004年からNIH・NCI分子イメージングプログラム主任研究員。
2014年NIH長官賞受賞。光免疫療法の研究開発により4回のNIH Tech Transfer Awardを受賞。
第38回日本核医学賞受賞。