米国はいかにして世界経済を支配したか

米国はいかにして世界経済を支配したか

著者 萩原伸次郎

  • 2008年6月13日発売
  • 46版並製、227ページ
  • 定価 2,000円+税
  • ジャンル[経済]
  • ISBN978-4-86228-023-7 C1033

米国対外経済戦略のあゆみ

今日、国際資本取引の自由化と証券化は、サブプライムローン問題のように国際的金融不安を生みだし、大きな経済危機の可能性を秘めている。
米国の対外経済戦略によって形成された今日のグローバリズムは、何を目指すのか。米国による金融覇権はいかにして形成されたのか。

米国による戦後の、国民経済を軸とするケインズ的経済システムの構築から、今日の多国籍企業による、金融を通じて富を蓄積する米国経済政策の劇的転換までをたどり、その要因と結果の問題点、日本への影響、ラテン・アメリカにおける対抗戦略の試み、国際公共機関のあり方などを考える。

目次

はじめに

Ⅰ 現代グローバリズムの歴史的前提
   1 米国はどのように国際経済システムを構築したか
   2 戦後米国は世界をどのように作ろうとしたか
   3 米国企業は、いかにして多国籍企業となったのか

Ⅱ 現代グローバリズムは、どのように形成されたのか
   1 外国為替システムはなぜ変動相場制になったのか
   2 現代企業はどのように投資を行うのか
   3 現代多国籍企業の投資論理とは
   4 現代多国籍企業の組織と行動

Ⅲ 現代グローバリズムは何をめざすのか
   1 多国籍企業と自由な投資システム
   2 米国型金融システムと金融不安定性
   3 国際金融不安定性の形成メカニズム

Ⅳ 現代グローバリズムとどのように向き合うか
   1 日米経済摩擦と日本の構造改革
   2 米国の主導するグローバリズムへの対抗戦略

あとがき

 

著作者について

萩原伸次郎

萩原伸次郎(はぎわら・しんじろう)現在、横浜国立大学経済学部教授。
1947年生まれ。東京大学大学院博士課程単位修得退学。横浜国立大学経済学部助教授、米国マサチューセッツ大学経済学部客員研究員、横浜国立大学経済学部長を経て、現在に至る。
著書『アメリカ経済政策史』(有斐閣)  『通商産業政策』(日本経済評論社)
   『世界経済と企業行動』(大月書店)  『ワシントン発の経済「改革」』(新日本出版社)

推薦・書評 米国はいかにして世界経済を支配したか